神は、すべての人が救われて、真理を知るようになるのを望んでおられます。
1 テモテ 2:4


“God desires all men to be saved and to come to the knowledge of the truth.”
1 Timothy 2:4


神の望みと現実

聖書で「神は良い方」であると書いてあります。その通りで、神はすべての人が神を信じて近くに来ることを願っているのです。しかし同時に神は私達に選ぶ権利も与えてくれています。その結果世の中を見てわかるように、多くの人達は神を信じるのでは無く違う方向に目を向けてしまっています。現実とはとても厳しいものです。


真理とは

「真理」の意味は「いつどんなときにも変わることのない、正しい物事の筋道。真実の道理。」です。いつどんなときにも変わらないのは神であり、神の私達への愛です。神は私達に神を信頼することを選択して、神のことをもっと知ることを願っています。まずは神に少しずつ目を向けるようにしてみましょう!

カテゴリー: 日々の糧

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です