創世記の最後はヤコブ(イスラエル)の息子達のお話で終わります。12人の息子たちの内、特にヨセフの波乱万丈の人生を見ていくことになります。彼の人生を通して神はアブラハムとの約束を実現していくことになるのです。





アブラハムの家系図

少しアブラハムの家系図を振り返りましょう。大洪水の後にノアを通して人類はまた増え、しばらくしてから神はアブラハムを選びました。彼を通して特別に選ばれた国民をおこすと約束しました。

アブラハムには3人を通して子供が生まれています: ハガル(サラの召使いでイシュマエルの母)、サラ(イサクの母)、ケトラ
ケトラはあまり知られていないと思いますが、イサクが結婚した後、アブラハムがなんと140歳の時に結婚した相手なのです!ケトラは実はハガルだったのでは無いか?と言う説もあります(ハガルは一度サラにより追い出されていたが、アブラハムに誠実だったので戻ってこれた)。


アブラハムと神の約束はイサク、ヤコブと継承されて行きました。そしてこのヤコブの息子たちが今後の聖書の中心的な主人公であるイスラエルの国民となって行くのです。しかし創世記の後半の話を見ても分かるが、決してヤコブの息子たちは良い人達ではありませんでした。息子たちの中のヨセフが彼の家族を存続させるためのキーマンとなるのです。



ヨセフの転落人生

FreeBibleimages :: Joseph and his dreams :: When Joseph is given an  ornamental robe then dreams about his family bowing to him, his brothers  become angry (Genesis 37:1-11)

ヨセフはヤコブの晩年に生まれた子供であり、ヤコブが愛したラケルの子供でもあったので溺愛されていました。そしてヨセフには不思議な夢を見たり、その内容を解き明かす能力がありました。聖書を見る限りヨセフは若い頃はあまり空気を読むことが出来ない子供であったように見えます。その結果彼は兄弟の怒りを買うことになり、兄弟に捉えられ奴隷として売りさばかれてしまいました。監禁と人身売買と、現代だと大問題になってしまうお話ですね!

ヨセフは遠いエジプトの国に奴隷として売られてしまいました。運良くエジプトの高官の家の奴隷となり、ヨセフの良い奴隷としての振る舞いによりヨセフの人生は少し良い方向に進んでいるように見えました。


しかし悲劇はまた起こり、高官の妻の嘘によりヨセフは囚人となります。人生が底辺まで落ちてしまったと思いましたが、ヨセフは牢獄でも良い働きをすることを諦めませんでした。同じ牢獄に王直属の召使いが投獄され、彼らが見た夢の内容を神の力を通して見事解き明かしました。そして一人の召使いが無事開放された際にヨセフも自由になるチャンスが回ってきます。しかしなんとその召使いがすっかり忘れてしまい、2年間ヨセフは投獄生活をさらに続けることになるのです。。



シンデレラ・ストーリー

FreeBibleimages :: Joseph: Pharaoh's Dreams :: When Pharaoh has two  disturbing dreams, Joseph is released from prison to interpret them (Genesis  41:1-46)

ヨセフの人生が牢獄で終わりそうに見えていた時に最高のチャンスが回ってくるのです。エジプトの王、ファラオが謎の夢を見て悩んでいる時に王の召使いがついに思い出してくれるのです。ヨセフはついに牢獄から一時開放され、王の前に進み出て見事彼の夢の内容を解き明かしたのです。1日にしてかれは囚人から王に次ぐ第2の権力者となるのです!まさにシンデレラ・ストーリーですね。

大飢饉が7年後に起こり、ヨセフの兄弟達は食料を求めてエジプトに向かいヨセフと再会することになります。ヨセフと兄弟の間のドラマが少し描かれているが、最終的にヨセフは父親及び兄弟の家族全員を自身が得た権力を用いてエジプトに迎え入れることになるのです。こうしてヤコブ(イスラエル)の家系は飢饉で滅びずエジプトと言う地で繁栄することになるのです。


ヨセフがエジプトにいた時期は2,000~1,600 BCとされていて、当時のファラオはセソストリス3世ではないかと言われています。



創世記のまとめ

創世記には壮大な話が描かれています。世界・宇宙の始まりと人類の起源、そしてイスラエルがいかにして神に選ばれたかが描かれています。創世記の最後はヨセフの死で終わり、いつかイスラエルの国民が彼の骨をカナンの土地に埋葬するようにとの約束をします。



次 : 出エジプト記
Next : Exodus

#Bible #Genesis #聖書 #創世記


5件のコメント

Guy · 2021年7月12日 11:38 PM

Nice blog! Is your theme custom made or did you download it from
somewhere? A theme like yours with a few simple adjustements would really
make my blog shine. Please let me know where you got your
theme. Bless you

[聖書をわかりやすく解説:創世記③] 大洪水(The Flood) – About me · 2020年11月28日 2:55 PM

[…] ヨセフ(Joseph) […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です