日本でバイリンガル?

person in white shirt with brown wooden frame
Photo by cottonbro on Pexels.com

「子供にバイリンガルになって欲しい!」と言う親は多いと思います。私も子供に英語を学んでもらい、世界に羽ばたいて行って欲しいと願っています。

しかし日本では学校で何年も必須項目として英語を勉強しているのにも関わらず、実際に英語を喋れるようになっている人はほとんどいない。。果たして日本に住みながら子供は日本語以外の言語を喋れるようになるのでしょうか?



答えは。。 出来ます!


実体験を含めて思った3つの大事なポイントを話していきたいと思います。


#1「なぜ」英語を学ぶのか?


#2ルールをしっかり決める


#3諦めず続ける




#1「なぜ」英語を学ぶのか?

text on shelf
Photo by Pixabay on Pexels.com

日本語以外の言語を話す、または話せるようになることが最終目的ではないです。言語はあくまでも「手段」であるので、その言語を使って何をやりたいのか?を明確にしましょう。

「海外に留学して欲しい」、「外資系の会社に就職して欲しい」など様々な目標があると思います。まずは親がその「なぜ?」をはっきりする必要があります。

そしてさらにその「なぜ?」を子供とも共有出来たらさらに良いですね。私も自分の子供には「将来家族でアメリカに住もうね!」と話しています。


#2ルールをしっかり決める

similar cubes with rules inscription on windowsill in building
Photo by Joshua Miranda on Pexels.com

一般的には2つのバイリンガルの育て方の方法があると言われてます:

  • OPOL(One Person One Language)
  • mL@H(Minor Language at Home)

OPOLとは、その名前の通り、「一人の人が一つの言語を話し続ける」、と言うことです。例えば母親は常に日本語で子供に話し、父親は常に英語で子供に話す、と言うような形です。因みに私の家庭はこのような形を取っています。家にいる時間も、外出している時間も同じスタイルを通すようにしています。

mL@Hとは、家庭では外国語を話し、外出している時は現地の言葉(日本語)を話すと言うことです。これを行うためには、親が二人とも外国語を話せる状態でないと中々難しいです。私はアメリカに住んでいる時にこのような環境で育ちました。家では必ず親に日本語で話すと言うルールを通したおかげで、なんとか日本語を失わずにすめたと思います。

どちらのスタイルでもバイリンガルになる確率は高いと言われています(強いて言うとmL@Hの方が少し高い)。いずれのスタイルを取るにしても、しっかりとルールを決めてそれを徹底していくのがとても大切なポイントになります。


#3諦めず続ける

man people art pattern
Photo by Olya Kobruseva on Pexels.com

バイリンガルに子供を育てる道のりは楽では無いです。私自身も、子供が生まれた瞬間からずっと英語だけで話しかけることを続けて来ました。子供が2−3才くらいの時に「もう普通に日本語で話して!」と言われたこともあり、流石にもうやめた方が良いかな?と一瞬思ったこともありました。

しかし今は上の子供が8才となり、英語で話しかけても全て理解してくれるようになりました(まだ話す方はもう少し練習が必要ですけど。。)。

「もう辞めようかな」、「たまには日本語で話しかけようかな」と思っているようでしたら、大変だと思いますが、子供の将来のためにもう少しだけ続けて見ましょう!


最後に

handwritten texture writing display
Photo by Ann H on Pexels.com

現在はコロナの影響により、多くの方が家庭にいる時間が増えているのでは無いかと思います。会社も「働き方改革」も検討していて、在宅勤務などが増えてくるのでは無いかと思います。

私は今この時期こそがバイリンガル教育のチャンスだと思います。家族とともに過ごす時間を増やし、そこでバイリンガルの子供を育てる環境を整えていくとても良い機会なので、ぜひこのチャンスを見逃さず行動を取って行きましょう!


#教育 #バイリンガル #英語を学ぶ


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です