“Excuse me?” 日本で馴染みがある英単語をアメリカで使って見たら変な顔でこんなことを言われたことはあるかもしれないです。私たちが普段使っている「英語」、実は日本だけでしか通用しない単語があるのです!良く私が聞いて気になった「和製英語」を10個紹介します:


  1. アルバイト(Albeit)
    学生の時からアルバイトをする方は多いです。この「アルバイト」と言う言葉、実は英語では無くドイツ語なのです。アメリカではアルバイトのことを「Part time Job(パートタイム・ジョブ)」と呼びます。

  2. エール(Yell)
    応援するときに「エールを送る」と言いますが、綴りは「Yell」になります。英語だと単純に「叫ぶ」と言う意味で、あまり応援している感じはしないです。アメリカでは「Cheer(チア)」と言いましょう。

  3. フライドポテト(Fried potato)
    みんな大好きなフライドポテトですが、これは実はアメリカでは通じないのです。フライドポテトだと「どのように揚げたのか」が分からないのです。アメリカではこのポテトのことを「French fries(フレンチフライ)」、つまりフランス風の揚げポテトと呼びます。この話にはちょっとした裏話があり、第二次世界大戦でアメリカがフランスからドイツに向けて進軍している際にこのポテトと出会ったとされています。その際、このポテトはフランスの物だと思い「フレンチフライ」と名付けたそうですが、実はもうすでにベルギーまで進軍していて、ベルギーのポテトを食べて「フレンチフライ」と呼んでいたのです。

  4. ランドセル(Randsel)
    小学生はみんな持っているランドセルですが、こちらの単語も英語ではないので、アメリカでは通じません。アメリカでは「Back pack(バックパック)」だと通じます。

  5. ズボン(Zubon)
    ズボンはフランス語の「女性の下着」の言葉から来ている、または「足を”スボン!”と入れるから」など諸説があります。いずれにせよ、アメリカでは使われていない単語です。アメリカではズボンのことを「Pants(パンツ), Trousers(トラウザーズ)」と呼びます。ズボンが「パンツ」で、パンツは「Underwear(アンダーウェア)」になるので、気をつけましょう!

  6. マフラー(Muffler)
    冬になると首に巻くマフラーですが、アメリカでは「Scarf(スカーフ)」と呼ばれています。アメリカでマフラーと言うと、車の排気部分にある部品のことになってしまうので気をつけましょう。

  7. コンセント(Consent)
    電源を挿す場所をコンセントと日本で呼びますが、コンセントと言う単語は「同意する」と言う意味の単語です。アメリカでコンセントを探している時は「Outlet(アウトレット), Socket(ソケット)」と言いましょう。

  8. ハイテンション(High tension)
    興奮したときに「ハイテンションになった!」と言いますが、実はアメリカでは良くない意味になります。「テンション(緊張感)」が「ハイ(高い)」、つまり「張り詰めた緊張感」を表しているので一触即発の状況を表しています。「ハイテンション」より「Excited(エキサイテッド)、Stoked(ストークド)」などを使いましょう

  9. ホッチキス(Hotchkiss)
    最近は電子化が進み登場が減って来ているかもしれないですが、ホッチキスはまだ学校や職場にあるかと思います。この製品の正式名は「ステープラー」なのです。初めて日本に登場したステープラーはホッチキス製であり、製品の横に大きく「Hotchkiss」と刻印されていたので、ホッチキスと言う名前が広まったのです。

  10. マンション(Mansion)
    マンションに住んでいる方は多いと思います。アメリカで言う「マンション」は大豪邸を指しますので、私たちが思うマンションとは大きく違います。マンションをアメリカで説明する時は「Condominium(コンドミニアム) / Condo(コンド)」と言うと伝わります。


当たり前のように使っているその「和製英語」、使う時はちょっと気をつけましょう。もし不安でしたら私みたいにアメリカに住んでいたことがある人に聞いてみましょう!



#海外で通じない #和製英語 #アメリカ


4件のコメント

Amanda of AMANDAIJU · 2020年11月4日 11:45 PM

So true! Same goes for シール。When talking about an envelope seal, it’s fine. But most of the time when I hear Japanese speakers use this word, they mean “sticker.”

    practicalj_blog_admin · 2020年11月5日 12:47 AM

    Thanks for the comment!
    Yes, that is so true! Another thing that makes it even more difficult is the pronunciation is “Sheeru” instead of “Seal”, so I’ve seen many Japanese struggle to communicate with this word.

Vernon · 2021年7月12日 10:31 PM

Hi, I do believe your blog could be having web browser compatibility
problems. When I look at your website in Safari, it looks fine however, when opening in I.E., it’s got some overlapping
issues. I merely wanted to give you a quick heads up! Apart
from that, fantastic site!

j.mp · 2021年9月2日 8:04 AM

Amazing blog! Do you have any suggestions for aspiring writers?
I’m hoping to start my own website soon but
I’m a little lost on everything. Would you advise starting
with a free platform like WordPress or go for a paid option? There are so many options out there that I’m completely overwhelmed ..
Any tips? Bless you!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です