英語の発音は難しいですね!ただでさえ読みずらい単語がありますが、同じ様な綴りでも発音が全く違う場合もあります。I love Lucyの一つのエピソードで紹介された、「ough」の発音の仕方がとても良い例です:


  1. Bough(ow):「木の枝」と言う意味ですが、この単語の”ough”は”ow”と言う発音になるので、「バウ」と読みます

  2. Rough(uff):「ザラザラした」と言う意味ですが、この単語の”ough”は”uff”と言う発音になるので、「ラフ」と読みます

  3. Through(oo):「◯◯の中を通る」と言う意味ですが、この単語の”ough”は”oo”と言う発音になるので、「スルー」と読みます

  4. Cough(off):「咳をする」と言う意味ですが、この単語の”ough”は”off”と言う発音になるので、「コフ」と読みます

  5. Though(ou):「◯◯だが」と言う意味ですが、この単語の”ough”は”ou”と言う発音になるので、「ゾウ」と読みます(微妙に①とは違う)

  6. Ought(aw):「◯◯をした方が良い」と言う意味ですが、この単語の”ough”は”aw”と言う発音になるので、「オット」と読みます

如何でしょうか?英語恐怖症の方はもっと英語が怖くなってしまったかもしれないですね。下から実際の番組の一部を見ることができます:



カテゴリー: 英語

1件のコメント

tinyurl.com · 2021年8月30日 9:37 AM

That is really interesting, You are a very professional blogger.
I’ve joined your feed and stay up for looking for more of your excellent post.
Also, I have shared your website in my social networks

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です