Green Traffic Lights against Blue Sky Backgrounds with clipping path

日本に来てから様々なカルチャーショックを受けて来ましたが、中でも印象的だったのは信号機の色です。明らかに見た目は緑色なのに、日本ではこれを「青」と呼んでいます。ちゃんと色を識別出来ていないのかな?と最初思ってしまいました。

この「青信号」問題を通して大切なことを学びました。自分が今まで思っていた固定概念を一旦置いて、日本と言う国の文化をしっかりと理解する必要があると言うことです。

日本に来たばかりの時、周りの日本人がみんな緑色の信号を「青信号」と呼んでいるのに違和感を感じていました。緑色の信号はアメリカでは「グリーン・ライト」と呼んでいるので、当然日本でも同じと思っていましたが、どうやら違うみたいでした。日本の方にその理由を聞いても、なかなか納得行く答えが見つかりませんでした。


1930年代に初めて日本に設置された信号機は当初は「緑信号」と記載されていました。しかし、新聞記事などでは「青信号」と紹介されていたことが原因で「青信号」が定着したのです。

日本では緑色の物を青と呼ぶことが多くあります。「青菜」、「青葉」、「青々とした」などは緑の物を指して言うことが多いです。歴史を見ると平安時代までは青と緑の区別をつけることをしていなかったのです。古来の色は: 赤、白、黒、青の4種類に分けられていて、青は黒と白の間の色全般に使われていたのです。その理由があり、青でも緑でも「青」と表現してしまうことが文化に定着していて、今でも少し残っているのです。


crop woman showing okay gesture touching sun on street
Photo by APRIL STUDIO on Pexels.com

歴史を理解すると、今の文化を理解できてとても面白いですね!これからもこの日本と言う面白く・素敵な文化の魅力を共有できればと思っています!

#青信号 #緑信号 #どっち?


1件のコメント

Ariel · 2021年7月12日 4:11 PM

I visited various blogs but the audio feature for audio songs
current at this site is in fact excellent.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です