「ありがとう」とは私たちが日常で使用する言葉ですね。日常的に使用する割に、その本当の意味を理解していないかもしれないですね。私はこの日本語の「ありがとう」と言う言葉は、他の言語の「ありがとう」と比べて特別だと思います!


「ありがとう」を違う言語で見て行きましょう:

  • (英語)Thank you : 「Thank」はラテン語のTongereから由来していて、「Think(考える)」と言う意味を持っています。つまり、「あなたが良くしてくれたことを考えて(Think)いますよ」と言うことです

  • (フランス語)Merci:「Merci」とは「Wages, Pity(報酬、憐れみ)」と言う意味を持っています。

  • (中国語)謝謝:「謝謝(シエシエ)」の「謝」と言う漢字は2つの漢字で構成されています。「言(言葉)」を「射(射る)」ことにより、それまでに張っていた緊張感を緩めると言う意味を持っています。日本語でも「感謝」、「謝罪」などで使用されています。

「ありがとう」とは「有り」「難い」、つまり「なかなか有り得ないこと、稀なこと」を意味しているのです。この言葉の語源は仏教の「盲亀浮木のたとえ」にあるのです。

お釈迦は盲目の亀と海に漂う流木の例え話をしました。「盲目の亀が海に住んでいて、100年に1度だけ海面に頭を出していました。そして、同じ海に小さな穴が空いている流木が西へ東へ、北へ南へと漂っていました。盲目の亀が海面に上がった時にちょうどその流木の小さな穴に頭が入る可能性は有りますか?」可能性はかなり低いですが、全く可能性は無いと言えなですね。


「有難い」の逆は「当たり前」です。私たちが生きていること、他人に良くしていただけること、今日も元気でいられることは決して当たり前なことでは無く、そのことに私たちは深く感謝するべきなのです!今日も誰かに「ありがとう」と言いましょう!



#ありがとう #感謝 #日本語


1件のコメント

Cinda · 2021年7月13日 3:34 AM

Asking questions are in fact good thing if you are not understanding anything completely, however
this article presents good understanding even.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です